家を守るために水漏れ修理は怠らない

家を守るために水漏れ修理は怠らない 長年の夢でやっと手に入れたマイホームや分譲マンションで、毎日家族と一緒に快適な生活をしているという方もたくさんいることでしょう。水回りを一カ所にまとめ、採光を考慮した開放感のある広いリビングなど、間取りやインテリアの配置などにもたっぷりと時間を費やして最高の空間になっているはずです。
雨風を凌ぐだけでなく断熱効果も高く過ごしやすい家ですが、水漏れによって大切な家にダメージを与えることもあります。台所、洗面所、トイレ、浴室が水回りとなりますが、長年住み続けていると劣化は避けられず、水漏れが生じて修理を余儀なくされることがあります。マンションなどの場合は、自宅で生じた水のトラブルで階下の住人に迷惑をかけることもあり、修理を適切にしないと補償問題に発展することにもなりかねません。

■水漏れが生じやすい場所とは

家庭で水漏れが生じやすい場所は、ある程度決まっています。大量の水やお湯を使用する浴室は、ガランやシャワーなど複数の水道管が配されているため、給湯器 水漏れが発生しやすい場所となります。大量の水が漏れると階下にも漏れやすく、被害が自宅に留まらないこともあるので注意が必要です。
浴室に近い所に位置する洗面所も利用頻度が高く、水が漏れやすい場所です。浴室のように濡れてもいいような床や壁ではないため、大量に水が漏れると大規模な補修工事が必要です。また、1日に何度も使用するトイレも水が漏れやすい場所です。トイレは給水管から直接水が供給されるのではなく、タンクに一度溜めてから水が放出されます。そのため、水漏れがあると床一面が水浸しになってしまうこともありますので注意しましょう。

■自分で修理が可能なものは
水回りのトラブルが生じた場合、DIY経験がある方であれば何とか自力で修理したいと考えるでしょう。最近では、専門業者も訪れる専門的な工具や部品が揃っているホームセンターもあり、必要なアイテムを簡単に手に入れることができます。浴室でいえば、浴槽の栓、シャワーヘッドやホース、蛇口のパッキンなどを購入して直すことができます。
部品の破損や摩耗が明らかで交換するだけで直るものであれば、わざわざ業者に依頼する必要もないでしょう。必要な部品の購入費だけで済むので安く仕上げることも可能です。しかし、水回りは一般的なDIYとは異なり、1つ間違うと大惨事になることがあります。せっかく安く仕上げようとしても、失敗して本格的な工事が必要となることもあるので注意してください。

■プロの業者に依頼すべき状況とは

水回りのトラブルが生じた際、まずは何が原因でどこから水が漏れているかを特定する必要があります。蛇口やシャワーヘッド、ホースなど目に見える分かりやすい場所であれば素人でも判別できますが、そうでない場合は、原因が分からなかったり、判断を誤ったりする可能性もあります。また、交換すべき部品が分かっていてもお店で手に入らなかったり、作業するための工具がなかったりすることもあります。
プロの業者はさまざまな現場を経験しており、トラブルの原因や対処法に関する知識も豊富です。また、最短で工賃のかからない最適な作業工程も熟知しており、ケースによってはあっという間に元の状態に戻してくれます。作業に自信がないという方は、給水管の元を閉めたうえで、すぐにプロに依頼するのが賢明な方法と言えるでしょう。

■まとめ
どんなに立派な家を建てても、水のトラブルで大きなダメージを受けたら、大がかりな補修工事やリフォームが必要となることがあります。家は雨や風など外部からの影響は極力受けないように設計されていますが、内部で水漏れすると構造材までダメージを及ぼすこともあります。水漏れしやすい場所は水回りと決まっているため、定期的にメンテナンスしてトラブルが起きないようにすることが一番です。
浴室や洗面所、トイレなどで水によるトラブルが生じた場合は、自分でできる修理の範囲を理解し、無理だと思ったらすぐにプロの業者に依頼することが大切です。水のトラブルが起こりやすい場所別に、トラブルの原因や修理の方法などについて考えてみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース