洗面所の水漏れ修理の方法

洗面所は、毎朝顔を洗ったり歯を磨いたりするのに家族全員が使う場所です。最近では朝シャンができるタイプの洗面所もあり、浴室を使用せずに洗面所だけで身づくろいを済ませてしまうという方も珍しくありません。そんな洗面所で水漏れが起きたら、使用できなくなるだけでなく床や壁に水が染み込んで大規模なリフォームが必要になることもあります。洗面所の異変に早く気づき、どのような方法で修理するのが一番いいのか、プロの目による見積もりをしてもらうことが大切です。

■異音や水量の変化

普段通りに洗面所を使っている際に、蛇口をひねった途端にボコボコと変な音が聞こえてくることはないでしょうか。蛇口から直接聞こえるのであれば、水圧や振動によるものと判断できますが、その音がパイプや壁、床下などから聞こえてくる場合は、給水管に異常がある可能性があります。
水を出している間に水量が大きく変わったり、途中で止まったりする場合は給水管から外に水漏れしていることを疑った方がいいでしょう。蛇口の異常であれば、劣化したパッキンやパーツを交換する方法で事なきを得ることができますが、給水管や排水管に問題がある場合は、自分の手で修理をすることは無理でしょう。放置しておくといつ大きなトラブルになるかもしれないので、蛇口 交換をするために早めにプロを呼んでみてもらった方がいいでしょう。

■パイプからの水漏れ

洗面所で目で見てすぐわかる水漏れもあります。蛇口をきつく締めても水がポタポタと落ちてくる場合は、パッキンが劣化している場合がほとんどです。何度も開けたり閉めたりしながら勢いのある水を出していると、年月を重ねるにつれて部品が摩耗します。摩耗した部品を新品に交換するだけで水漏れの修理が完了するので、このような場合なら業者を呼ぶ必要はないでしょう。
しかし、蛇口の付け根部分から水が漏れていたり、排水管のある収納スペースが水浸しになっていたりすると、個人での対応は難しくなります。最近では、ホームセンターなどに専門的な工具や材料が置いてあるので、必要なものは揃えることができるかもしれませんが、ノウハウを持っていない素人は少しレベルの高い修理は事態をさらに悪化させることにもなりかねません。

■まとめ
洗面所は、トイレやお風呂のように常に水で濡れている部分があるというわけではないため、水のトラブルに気づきやすい場所です。それと同時に、ドライヤーや洗濯機などの家電品や化粧品、衣類などが置いてある場所でもあるため、水漏れが発生すると影響が大きくなります。トイレと違って止水栓の位置も分かりにくく、一度水が漏れだしたらそれを止める方法すら分からないということも少なくありません。ちょっとしたトラブルであっても放置すると問題が大きくなるため、早い段階でプロに依頼して修理してもらうのが一番です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ