トイレの水漏れ修理や部品交換

トイレは用を足した後に必ず水を流すため、大量の水を使用することになります。最近では節水型のトイレタンクが登場していますが、それでも一度にある程度の量の水が必要となります。用を足してからしばらくしてもう一度トイレに行くと、ジョロジョロと水が流れて止まらないという経験をした方もいるでしょう。これでは、せっかく節水型のタンクを買ったのに水道代を節約できず、意味がなくなってしまいます。また、便器から水が溢れて床まで濡れてしまうトラブルも多くあります。

■トイレの水が止まらない

トイレの水が止まらない場合、水を流すレバーやタンクの中のパーツがずれていることもあります。この場合は部品の交換や修理は必要なく、元の状態に戻すだけで解決します。しかし、そうではない状態で水が止まらない場合は、給水管のバルブのパッキンが原因となっていることも考えられます。パッキンは消耗品なので時間とともに劣化します。何年か経過したら交換が必要となります。
タンクの中の丸いボール状のタップのバルブを外して新しいパッキンと交換すれば、水が止まることもあります。しかし、それでも止まらない場合は給水管の破損などによって水漏れが生じている可能性があります。素人には原因を特定するだけでも難しいため、個人で対応することはやめておいた方がいいでしょう。

■トイレタンクから水が漏れる

トイレタンクは、ボールタップによって常に一定の量の水を溜めるようにつくられており、レバーを引いて排出されるとまた同量の水が給水管から補給される仕組みになっています。タンクから水が漏れるということは、トイレの中の部品が破損、老朽化していることも考えられますが、原因はなかなか素人には分かりません。
まずはタンクから漏れ出して床が水浸しになっている状態を何とかする必要があります。止水栓を閉めて、給水管から水が供給されないようにすることが最優先となります。時間が経過すると床の張り替えだけでなく、階下への影響も出ます。タンクの中の部品の交換や修理はプロの知識や技術が必要です。少しでも早く使用できる状態にするために業者に依頼するようにしましょう。

■まとめ
トイレの水漏れは水道料金が跳ね上がるだけでなく、水漏れによってトイレ全体が水浸しになって大変なことになります。また、マンションなどの集合住宅であれば被害は自宅だけでなくよそのお宅にも及び、迷惑をかけることになってしまいます。トイレの交換などで簡単に修理ができる場合もありますが、専用の工具やノウハウが必要となります。日頃からDIYに慣れている人でも手が出せない状態もあるので、無理をせず専門の業者に依頼するようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ